Sexy Life (・_・) Official Blog!
Apple Mac/iPhone/iPad/iPodをsexyに使うための情報ブログ!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

【sexykent】 オイルショック+ベビーブーム世代の元デザイナー。芸術や音楽に早くから目覚めたが、才能を伸ばすほど追求せず。いいかげん我とアートの関係を問いただしたくなった矢先、一切のデザイン生命を絶ちきる。そして今、仕事と生き甲斐をリセットして歩んでいる。目下、iOSが人生を変えると信じ込み、精進中。

 

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

iKageso
またもやWhite Unkoと格闘中のsexykentです(´・Д・) 大人の階段の先にあるモンって、これなんだよ。さて、先日iMasaraと題してRAW現像にはまっていることを書いたわけだけれども、その続編を書こうかと。そう、白いUNKOが出るまでの間にね(←iPhoneのCM風に脳内再生して読んでみること)。

デジカメの写真に限ったことではないけれど、「思った通りのものがそのまま撮れている」ということはなかなか難しい。ビューファインダーが大型画面であっても、やっぱり「色が…」「ピントが…」「構図が…」という残念な感想を仕上がりには抱いていしまう。まぁ、それは結局「撮影が下手」ということが大いに関係しているのだけれど、そこで「後処理」でどれだけのものを拾えるかということがポイントになってくる。

いわゆる「後処理」と言っても、今までは「Photoshopで修正する」というぐらいの選択肢しか思い浮かばなかった。高解像度のファイルをアウトプットする、レイアウトやデザインのための素材という観点だったからだ。写真をそのまま生かす、まんまの作品を作る、ということを諦めていたせいもある。フィルム時代に「使えない」写真ばかり撮って、才能の無さを味わってしまっていたし。むしろ携帯などで撮れてしま小粒なPhotoで満足することが続いていたというか。

しかし、RAW現像が出来ることによって、ブラックボックスの部分に介入できるようになったというか。フィルム時代に味わった挫折の原因の一部分が、もしかしたらこのブラックボックスだった「他人任せの後処理」ということだったのかもしれないなと。考えてみれば、紙焼きというアウトプットの時の色をフィルムから判断しているのは、ラボの人たちだったわけで、そこに「この色をもうちょっと出したい」とか「これはばりっとシャープに焼こう」という個人判断が許されるわけでもなく、またそうした手間ひまをかける故もなく。まだリバーサルフィルムから焼く時は撮影時の色が見えているから容赦なく自己責任な感じはするが、ネガの紙焼きは「紙に再撮影」という行為にかなり近いわけで。それも「写ルンです」全盛期の高速プリント自動処理されていた中で、何を期待していたんだろうと今更ながら思ったり。当然それは写ルンですカスタマイズな設定だったと思われ。しかもそういう機械さえあれば写真屋でなくてもプリントの商売してたし(ドラッグストアとかww)。

デジカメが流行り出して画素数が高くなってからも、このブラックボックス処理におけるカスタマイズ現像を受けた画像の安定感に違和感を感じていた。「こういう色を出すカメラを使っている」という感覚でしか使えなかったし、それに見慣れて「キレイ」「プリントいらない」という、当たり前感で満ちてしまっていた。でも本格的にデジタル一眼が出始めた頃にRAWファイルの存在が聞こえてきて気にはなっていた。気にはなっていたけれど、「キレイ」とかいうのと言わば対極の「トイデジ」的な画質の面白さがiPhoneを通して身近になってしまっていたせいもあって、棚に上げていたというか。デジイチ買ってもどうせ使わないでしょ、iPhoneでいいや、みたいな。

で、満を持してのRAWファイル弄りで、写真の奥深さを再発見することになったわけだ。色の出し方、コントラスト…等のラボ任せ・デジカメ任せだった部分の脱却は、現像するところまで責任を追えということでもあり、こだわることが出来るということでもあり、それは「後処理」ではなく撮影の一部なんだということ。質感にしても肌色にしても空の色にしても、フィルターで誤魔化すのではなく、レイアウトのためのトリミングではなく、一枚の写真として取り組んで出力するということなのだ。デジカメ撮影+フォトショフィルターとは全く次元が違う。仮にPhotoshopでこだわって弄って画像処理をするとして、でも本当は素材を超えたいがための悪あがきかもしれないけれど、RAWを弄っている時は全くそういう感覚がない。これは精神衛生上よろしい。

もちろん、トイカメラとも違う。トイカメラは弱点の長所化的なところであって、それをシミュレーションして再現させるアプリも、その味付けの大部分がやはりカスタマイズされたブラックボックス処理。「ご飯」に「ふりかけ」のようなもの。ごましおも、のりたまも、すきやきも、どれも好きだけれど、米が主役にならなくちゃと考え始めてもいる。それにトイカメラ風っていうのも溢れてきちゃって、僕の中ではちょっとどうでもよくなりつつあるというのも正直なところ。まぁ、デジイチにトイカメフィルター搭載ってのもどうかと思うんだけどねσ(^-^;)

具体的なRAWファイルエディット編については、余力があればそのうち。カメラ処理のJPEG撮ったままのと比較とか、同じ処理をPhotoshopでやった場合の違いとか。
この記事に対するコメント
この記事に対するコメントの投稿